レーザーとは

【レーザーは人工的に作った光】
レーザーは工業用や医療用をはじめとしてプレゼンのときに使うポインターなどに至るまで様々なところで 使われています。言葉としてもイチロー選手の捕殺の代名詞になっているレーザービームといった例えとしても 使われています。

このように生活の中に深く浸透しているレーザーモジュールですがその原理や特徴などは意外に知られていないのでは ないでしょうか。

レーザーという名前自体、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation (輻射の誘導放出による光増幅)」という原理を表す言葉からの由来であることもあまり知られていません。

それではまず、レーザー手袋とはそもそもどんな性質があるのかということから見てみます。

【レーザー光は拡散しない】
レーザーは光を増幅して位相や波長が揃った(コヒーレントな)光を発生させることができ、 その光は指向性に優れていて、単一の波長の光を保つことができます。

指向性に優れているということは長距離離れた先でも光が拡散せず、収束しているということで、 この性質はレーザーポインターや光通信、CDなどの信号を読むピックアップ、様々な加工技術に用いられます。 位相が揃っているということは光の周期性が長時間狂うことなく、一定であるということです。

レーザーのもう一つの大きな特徴として、時間幅の短いパルス光が得られることです。パルス防水レーザーポインターは 短い時間幅の中にエネルギーを集中させることが出来るため、高いピーク出力が得ることができ、 様々な加工技術や医療用機器として用いられています。

恐るべきレーザー気をつけえろ

かなり昔の話だが2008年にロシアのコンサート会場で30人超の観客が目にカラス撃退レーザー光線を浴びて傷を負った事件があった。数人は視力を80%失っていて、回復することはできないそうです。

このようにレーザーは使い方を間違えるととんでもないことになります。
レーザーザーが目を直撃すると失明の危険があるのです。特に危ないのがハイパワーのレーザー。また、赤外線レーザーというも危ない。趣味のレーザーで扱う機会の多い赤外線LDやYAGレーザーは、肉眼では見えないのでやっかいだ。そのためうっかり目に入っても気付かないことがある。実際過去の事故ではYAGレーザーが圧倒的に多いらしい。

光線が見えなくてもダメージは食らう。
ではレザーから身を守るのは何があるのだろうか。目を保護するために工事用レーザーポインターゴーグルという手がある。レーザーマーキング加工等の作業をする際にはかかせないだろう。

あとレーザーポインターもけっこう危ないのだ。
超高出力レーザーポインターは、主に半導体レーザーを利用している。時々講演やセミナーなどでの場でプロジェクターで表示した映像などの指摘したい場所を教えるために使われている。
様々な場で利用されている。例えば人が触れることのできない高い高温なもの危険なものでもピンポイントで指し示すことができるで教育現場で多用されるが使い方を間違えると
えらいことになるから要注意が必要なのである。