【ACL】浦和・西川、至近シュートも悪質レーザー攻撃も神ブロック

◆アジア・チャンピオンズリーグ ▽決勝第1戦 アルヒラル1―1浦和(18日、サウジアラビア・リヤド)

 【リヤド(サウジアラビア)18日=羽田智之】10年ぶり2度目の決勝進出を果たした浦和は18日、アウェーでアルヒラル(サウジアラビアL1位)と対戦し、1―1で引き分けた。前半7分、ブラジル人MFラファエル・シルバ(25)が先制し、貴重なアウェーゴールを奪った。同37分に同点にされたが、再三のピンチをレーザー光線の妨害を受けながらも、日本代表GK西川周作(31)のファインセーブ連発などで価値ある敵地ドロー。07年以来2度目のアジア制覇へ、25日にホーム・埼玉スタジアムで第2戦を戦う。

 5万9136人をのみ込んだキング・ファハド・スタジアム。300人に満たない浦和サポーターは満足し、アルヒラルサポーターは、いら立ちをあらわにした。シュートを止める度、地元記者はこぶしで机を殴り、怒号が飛び交った。

  • 後半、相手CKの際に顔に向けてレーザー光線を照射された浦和・GK西川(奥)(共同)

 完全アウェーでも浦和の守護神は落ち着いていた。「先に動かないとか、基本的なことをやった」。前半27分と同33分、アルヒラルのエースFWハルビンの至近距離からのシュートをギリギリまで見極め、連続ブロックした。攻め込まれ、20本シュートを打たれたが、最少失点にとどめた。

 スタンドからグリーンレーザーポインター光線で狙われ、セットプレー時はしつこく目の付近に当てられた。「想定内でした。目に入ったらぼやける感じもするけど、当たらなければ平気。気にしないでやろうと思いました」。15年10月8日、日本代表のロシアW杯アジア2次予選、シリア戦(マスカット)でも経験しており、「余裕を持ってできた」。

 はい上がった。W杯最終予選前半戦は正守護神だったが、4月から7か月間招集されなかった。「奥さんにメンタル的なところでサポートしてもらった。尚史さん(浦和の土田GKコーチ)はパフォーマンス面で言いづらいことも言ってくれた。2人には感謝しています」。自分を見つめ直し、欧州遠征で代表復帰。出場はなかったが、「高いレベルでのモチベーションができた」と上を向く。

 MVPに選ばれ、会見に出ると、サウジアラビア人記者から「浦和の選手はよく倒れ、時間稼ぎをしていたが?」と挑発された。「ハードに戦い、いい結果を持ち帰る姿勢を見せただけ」。大人の対応でかわし、「地元の記者の方がナーバスになっていた。自分たちの方がいい結果を持ち帰るということかな」と分析した。10年ぶり2度目の優勝へ、今季のACL6試合全勝の埼玉スタジアムの1試合を残すだけとなった。

水中でレーザー無線LANが実現

日本の四方を取り囲む海は、豊富な漁獲資源や天然資源の探査をはじめ、地震や津波の研究を進める上でも重要な領域だ。しかし、水中での通信は音波に限られ、一度に送れるデータの量は非常に限られてきた。海洋研究開発機構や島津製作所などが開発を進める「水中光無線通信」は、高出力の半導体超高出力レーザーポインターを用いた“水中無線LAN”を実現。海洋試験にも成功し、実用化は目の前に迫っている。

7月に静岡県沖の駿河湾で実施された試験では、海洋機構の深海無人探査機「かいこう」を利用。かいこうの機体を上下に分離し、水深約700メートルの「ランチャー部」と同約820メートルの「ビークル部」との間で通信を試みた。

その結果、約120メートルの距離で毎秒20メガビット(20Mbps)の通信に成功。これは音波の約1000倍で、動画も送れる伝送速度だ。さらに受信側のコンピューターを送信側が遠隔操作する「リモートデスクトップ接続」にも成功したが、グリーンレーザーポインターこれは通信の安定性が高いことを意味する。もちろん、通信の暗号化も可能だ。

水流が安定した水槽ではなく、潮の流れや海水の濁りといったさまざまな環境に置かれた実際の海で試験に成功した点も大きい。

九大、プラズマ噴出方向制御−レーザー核融合ロケット、実証成功

九州大学大学院総合理工学研究院の森田太智助教や山本直嗣教授らは、地球圏の外にある「深宇宙」への有人探査での有力候補技術の一つ「グリーンレーザーポインター核融合ロケット」の要素技術の実証に成功した。レーザーと複数の電磁石の組み合わせで、ロケットの推力となるプラズマの排出方向を制御した。プラズマを利用したロケットの磁気ノズルの原理実証を目指す。

四つのコイルを立方体形状に組み合わせた磁気ノズルを作製。直径0・5ミリメートルの樹脂製の球を磁気ノズル付近につり下げ、球にレーザー光を照射した。

超高出力レーザーポインター光を照射した球の表面から電子やイオンに分離したプラズマが放出。この時に四つのコイルに流す電流の強度を調節することで、付近の磁場が変わり、プラズマの噴出方向を制御できた。

将来、有人で火星などを探査する際に従来の化学ロケットでは長時間の乗船を強いられ、心理的な負担や宇宙線による被ばくなどの負荷がかかる。もしレーザー核融合ロケットが実現すれば火星との往復期間が150日程度になるという試算がある。

大阪大学レーザー科学研究所や米パデュー大学などとの共同研究。成果は英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

アト秒レーザー背景

21世紀に入り、アト秒の科学が進展しています。アト秒の時間領域では、物質の構造変化よりも速い時間スケールで、原子や分子内の電子(波束)の動きを測定することが可能になります。アト秒のパルス幅を持つカラス対策レーザーパルス(高次高調波と呼ばれます)は極端紫外領域の波長を持つため、物質に照射すると、光電子が放出されます(光イオン化過程)。放出された光電子のエネルギーや角度分布を測定(光電子分光法/光電子運動量分光法)することで、アト秒時間スケールでの物質の電子状態の変化を測定することが可能になっています。

一方、放出された光電子の角度分布(運動量分布)は、イオン化(励起)の選択律から、一般に複数の異なる角運動量を持つ量子状態(連続状態の電子波動関数)の重ね合わせになり、ブロードな分布を持ちます。したがって、個々の角運動量量子数(ℓ, m)を持つ波動関数を分けて測定することは困難でした(レーザーポインター)。しかし、もし量子状態を選択して測定することが可能になれば、放出される光電子の運動量分布が直接、電子波動関数の分布を表すことになります。本研究では、アト秒高次高調波を用いた新たな概念に基づく測定方法を開発し、ネオン原子から放出されたほぼ純粋なf-軌道(ℓ=3, m=0)電子の確率分布(|Ψ|2)をイメージング測定しました。さらにアト秒パルスを追加することで、f-軌道の位相を分けた区別した波動関数(Ψ)に相当するイメージを得ることにも成功しました。

20170616_fig1

クロス レーザーポインター

レーザーモジュール

防水レーザーポインター

ペン型レーザーポインター

レーザー光はいろんな媒質で作られる

常温では電子が励起状態にあることは少なく、基底状態にあることがはるかに多いため、 強力な誘導放出を起こすためにはこの状態を反転させて励起していない電子より励起した電子を多くし なければなりません。反転させるためには原子や分子にエネルギーを注入してより高いエネルギー準位に移します (ポンピング)。

反転が成功すると、励起状態にある電子が基底状態に戻り、光子を放出します(レーザーポインターLEDライト付)。 この放出された光子は他の励起状態にある電子の呼び水となって次々に光子を放出させます。

しかし、これだけでは光っているだけで光線は出ません。光線を出すには増幅が必要です。 反転を作り出す媒質(例えばルビー)の両端に2枚の鏡を向かい合わせておきます。 ポンピングにより反転したルビーに呼び水となる誘導光を加えると、ルビー内部では誘導放出が起こります。

誘導光はルビーを通り抜けてしまいますが、鏡に反射されてまたルビー内部に入っていって、 また誘導放出を起こすことになります。このようにして光子が再帰的に増幅されていきます。

増幅された光子は鏡の1つを光の一部が通過できるように半透鏡にしておけば、そこから一部の光を 外部に取り出すことができ、光線(レーザーサイト光)が得られます。

このように「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)」 という名前が示すとおり、同じエネルギー、波長を持つ光子が増幅されるのことによってレーザーの特徴である 単色でコヒーレントな光を出すことができるのです。

色や波長は用いる媒質によって異なり、赤色を出すルビーレーザーモジュールやヘリウムネオンレーザー、 青色や緑色を出すアルゴンイオンレーザーなどさまざまな固体、気体、液体が使われています。

レーザーとは

【レーザーは人工的に作った光】
レーザーは工業用や医療用をはじめとしてプレゼンのときに使うポインターなどに至るまで様々なところで 使われています。言葉としてもイチロー選手の捕殺の代名詞になっているレーザービームといった例えとしても 使われています。

このように生活の中に深く浸透しているレーザーモジュールですがその原理や特徴などは意外に知られていないのでは ないでしょうか。

レーザーという名前自体、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation (輻射の誘導放出による光増幅)」という原理を表す言葉からの由来であることもあまり知られていません。

それではまず、レーザー手袋とはそもそもどんな性質があるのかということから見てみます。

【レーザー光は拡散しない】
レーザーは光を増幅して位相や波長が揃った(コヒーレントな)光を発生させることができ、 その光は指向性に優れていて、単一の波長の光を保つことができます。

指向性に優れているということは長距離離れた先でも光が拡散せず、収束しているということで、 この性質はレーザーポインターや光通信、CDなどの信号を読むピックアップ、様々な加工技術に用いられます。 位相が揃っているということは光の周期性が長時間狂うことなく、一定であるということです。

レーザーのもう一つの大きな特徴として、時間幅の短いパルス光が得られることです。パルス防水レーザーポインターは 短い時間幅の中にエネルギーを集中させることが出来るため、高いピーク出力が得ることができ、 様々な加工技術や医療用機器として用いられています。

レーザー光で乱気流を回避──JAXAとボーイングの「共同試験」

2018年には、機首からグリーンレーザーポインターを発射するボーイング777型機が、ワシントン州シアトルにほど近い同社飛行場を飛び立つことになるだろう。

「機首からレーザー」というと、バードストライクを避ける[日本語版記事]ための新手の(少々ぞっとする)手段かと思われるかもしれない。だが、これはそういった種類のレーザーではない。ボーイングの威信をかけた新システムなのだ。

ボーイング

「60秒間」でできること

システムの目的は、航空機前方にある乱気流(航空機を破損させたり、客室内の乗客を座席から放り出したりする荒々しい気流)を早期に発見し、そこへ突入する前に、乗客乗員たちが前かがみになって衝撃に備える姿勢を取るだけの時間を与えることにある。

現在の旅客機は、レーザーポインター相当激しい揺れにも耐えるようにつくられているが、乱気流が機内の人々にとって危険なものであることに変わりはない。米連邦航空局(FAA)によると、2016年には44人が乱気流によって重傷を負った。乗客が怪我をしない程度に揺さぶられたり、飲み物がこぼれたりといった、日常的な小さな被害はもっと起きている。

そして、ボーイングは、照射距離の長いLIDAR(ライダー:レーザー光を使ったレーダー、Light Detection And Rangingの略)がその解決策になりうると考えている。ボーイングの同プログラム主任調査員、ステファン・ビニアウスキーは、「航空機の60秒以上前方、つまり約17.5km前方の『晴天乱気流』を発見できるようになると期待されています。それが可能になれば、クルーに対して、客室内で必要な安全措置を取り、ケガのリスクを最小限に抑えるための時間を与えられるからです」と述べる(「晴天乱気流」とは、たとえば動きの速い雲などといった、目に見える前兆が一切ない乱気流のことだ)。

JAXA × ボーイング

このLIDARは、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した新システムの中核となる装置だ。同システムの民間航空機への搭載を目指して、JAXAは2010年からボーイングとのコラボレーションを続けてきた。このシステムでは、航空機の進行方向へカラス撃退レーザーをまっすぐに照射し、ビームの経路上にある塵粒子で反射したわずかな光を光学センサーがキャッチする。

そして、航空機の速度と、さまざまな距離にある塵粒子の動きと速度の関係を、ソフトウェアが分析する。その速度差に著しい変化(たとえば、周囲よりも速く動いている空気の一団)があれば、前方に乱気流が発生している兆候と考えられる。そうした変化を検出すると、システムは、計器盤に組み込まれた警報器や視覚的表示を通じて、乗務員に警告を与える(警報を発する具体的な方法については、現在開発中だ)。

60秒前の警告では、パイロットが進路を変えて乱気流を避けるには間に合わないかもしれないが、乱気流を発見するための従来の方法と比べれば、大きな進歩といえる。

これまで乱気流警告は、同じルートを飛行する航空機からの報告や、動きの活発な気象状況に関する一般的な注意喚起情報に頼ってきた。そうした方法では、パイロットが乱気流発生エリアを避けるのには役立つが、気流がいつ不安定になるのかを短期的に予測することはできない。また、大気中の水滴に電波を反射させる気象レーダーを用いたシステムも、晴天乱気流の発見には使えない(usbレーザーポインター)。もし1分前に警告があれば、乗客はその間にシートベルトを着用できるし、フライトアテンダントはコーヒーポットをしまって、それぞれの席に着くことができるだろう。

その起こし方はヤメて!〜眠る人間の上でドカドカ遊んじゃうハスキー

『犬とレーザー・ポインタを使って人を起こす方法』というライフハック動画。

確実に起こすことはできるけど、友情は失われそうです…。

寝室ドアを開け、犬を投入。寝ている人に向かってレーザーポインターを照射するだけで、あ〜ら不思議!犬が熱心に人間を起こしてくれます。

獲物を追いかける本能に火がついたハスキー氏は、不思議な緑の光に夢中になり、勢いをつけて飛びかかります。

さてさてところで、レッドレーザーポインターを使って犬を遊ばせるのは、実は問題行動を引き出す危ないもの。飼い主さんは楽チンだし、犬も夢中になれるなど、良いことばかりのようですが、犬たちの「追いかけなければならない」という強迫観念引き出してしまうリスクがあるのです。

光を追いかける遊びになれた犬は、犬 レーザー ポインターを利用していない時でも、日常生活の中にあるちょっとした光や影を追いかけるようになります。オモチャと違い光は捕まえられないため、犬はどんどんストレスを溜めていき、ほかの困った行動も引き出すというのです。

犬との遊びは、彼らが成果を出すことができて、しっかり褒めてあげられるものを選びましょう!

カラスを「鳴き声」で誘導

山形市で、カラスの「鳴き声」を使ってカラスを移動させる実証実験が行われ、誘導に成功した。将来的には、人工知能(AI)を搭載したカラス型のドローンを飛ばし、人間の生活を妨げない場所まで誘導することを目指しており、実用化への期待が高まっている。
実験をしたのは総合研究大学院大(神奈川県葉山町)で動物行動学を専門とする塚原直樹助教(38)ら。塚原さんは15年以上前からカラスの生態を研究し、鳴き声を録音。サンプルを2000余り集めてきた。
実験は、以前から市街地でのカラスのふん害に頭を抱えてきた山形市が依頼。これまでも鷹匠(たかじょう)やレーザーポインターによる追い払いなどの対策を講じてきたが、決定打には欠き頭を抱えていた。
「キッキッキッ」。13日午後6時半ごろ、山形市中心部の市役所に設置されたスピーカーから、天敵オオタカの高く乾いたサンプルの鳴き声が響いた。同時に、「グワッグワッ」という敵と応戦するカラスの鳴き声も流すと、市役所前の木にとまった数十羽のカラスは突然騒ぎ始め、中には上空を旋回するものも現れた。
その後、約200メートル離れた郷土館でカラスがねぐら入りする際の鳴き声を流すと、群れの多くが郷土館に向かって飛んでいった。安全な場所を求めたとみられる。塚原さんは「予想以上にうまくいった」と話す。
市は今後、結果を詳しく検証し追加の実験を行うか検討する。市の担当者は「カラスで困っている人は相当数いる。山形市で有効な策ができ、全国に広がって被害減少につながれば」と期待した。
塚原さんはAIを搭載したカラス撃退型ドローンがカラスと自動で対話をして、誘導することを目指す。「これまではカラスを敵と見なす対策が多かったが、カラスの賢さを逆手に取った解決策になれば」と話している。

工事用レーザーポインター レーザー彫刻機 家庭用 usbレーザーポインター

量研機構、採血せずに血糖測定できる小型レーザー装置を開発

量子科学技術研究開発機構のグループリーダーでライトタッチテクノロジー(大阪市中央区)社長の山川考一氏は、糖尿病の指標となる血液中のグルコース量「血糖」を、ペン型 レーザーで測定する装置を開発した。採血を必要としない非侵襲性の血糖測定が可能となる。2018年度から糖尿病患者を含む300人を対象に医療機器治験を開始し、22年中の製品化を目指す。

糖尿病患者は国内に720万人いるとされる。患者は1日に5―6回ほど血糖測定が推奨されているため、従来の血糖値センサーでは、測定の度に針で指先を刺して採血する必要がある。

研究チームは、グルコースが吸収する中赤外の波長の光を出す、手のひらサイズの小型レーザーを開発。測定装置に指先を置いて固定し、猫 レーザーの光エネルギーを吸収させることで血糖を測定する。測定精度は国際標準化機構(ISO)の定める基準を満たす。

従来型の血糖センサーは採血時の体への負担や、チップや針などの消耗品にかかる経済的負担から、普及率は1割程度だという。

山川氏は「高精度で非侵襲的な血糖測定装置として、患者への普及拡大を狙う。また、気軽に血糖を測れるヘルスケア商品として、予防医療への活用も目指す」としている。