カラスを「鳴き声」で誘導

山形市で、カラスの「鳴き声」を使ってカラスを移動させる実証実験が行われ、誘導に成功した。将来的には、人工知能(AI)を搭載したカラス型のドローンを飛ばし、人間の生活を妨げない場所まで誘導することを目指しており、実用化への期待が高まっている。
実験をしたのは総合研究大学院大(神奈川県葉山町)で動物行動学を専門とする塚原直樹助教(38)ら。塚原さんは15年以上前からカラスの生態を研究し、鳴き声を録音。サンプルを2000余り集めてきた。
実験は、以前から市街地でのカラスのふん害に頭を抱えてきた山形市が依頼。これまでも鷹匠(たかじょう)やレーザーポインターによる追い払いなどの対策を講じてきたが、決定打には欠き頭を抱えていた。
「キッキッキッ」。13日午後6時半ごろ、山形市中心部の市役所に設置されたスピーカーから、天敵オオタカの高く乾いたサンプルの鳴き声が響いた。同時に、「グワッグワッ」という敵と応戦するカラスの鳴き声も流すと、市役所前の木にとまった数十羽のカラスは突然騒ぎ始め、中には上空を旋回するものも現れた。
その後、約200メートル離れた郷土館でカラスがねぐら入りする際の鳴き声を流すと、群れの多くが郷土館に向かって飛んでいった。安全な場所を求めたとみられる。塚原さんは「予想以上にうまくいった」と話す。
市は今後、結果を詳しく検証し追加の実験を行うか検討する。市の担当者は「カラスで困っている人は相当数いる。山形市で有効な策ができ、全国に広がって被害減少につながれば」と期待した。
塚原さんはAIを搭載したカラス撃退型ドローンがカラスと自動で対話をして、誘導することを目指す。「これまではカラスを敵と見なす対策が多かったが、カラスの賢さを逆手に取った解決策になれば」と話している。

工事用レーザーポインター レーザー彫刻機 家庭用 usbレーザーポインター

量研機構、採血せずに血糖測定できる小型レーザー装置を開発

量子科学技術研究開発機構のグループリーダーでライトタッチテクノロジー(大阪市中央区)社長の山川考一氏は、糖尿病の指標となる血液中のグルコース量「血糖」を、ペン型 レーザーで測定する装置を開発した。採血を必要としない非侵襲性の血糖測定が可能となる。2018年度から糖尿病患者を含む300人を対象に医療機器治験を開始し、22年中の製品化を目指す。

糖尿病患者は国内に720万人いるとされる。患者は1日に5―6回ほど血糖測定が推奨されているため、従来の血糖値センサーでは、測定の度に針で指先を刺して採血する必要がある。

研究チームは、グルコースが吸収する中赤外の波長の光を出す、手のひらサイズの小型レーザーを開発。測定装置に指先を置いて固定し、猫 レーザーの光エネルギーを吸収させることで血糖を測定する。測定精度は国際標準化機構(ISO)の定める基準を満たす。

従来型の血糖センサーは採血時の体への負担や、チップや針などの消耗品にかかる経済的負担から、普及率は1割程度だという。

山川氏は「高精度で非侵襲的な血糖測定装置として、患者への普及拡大を狙う。また、気軽に血糖を測れるヘルスケア商品として、予防医療への活用も目指す」としている。

レーザーポインターで人は死ぬ? いくつあれば?

【職場閲覧注意】レーザーポインターで人は死ぬ? いくつあれば? 1

先に言っちゃうと、死ねます。ただ…。

超強力レーザーポインターを目に向けちゃいけないってのはみんな知ってますよね。瞬き反射で目が守られる可能性が高いとはいえ、失明の可能性もあるからです。でもどこかの悪い人が、レーザーポインターで殺人光線を作ろうとしたら、可能なんでしょうか? そしてそれには、レーザーポインターがいくつ必要になるんでしょうか?

市販のレーザーポインターは、日常使いできるよう、安全な作りになっています。とはいえ、その光を見つめちゃいけない程度に危険だということも常識です。では、カラス撃退レーザーポインターとはどれくらいパワフルなんでしょうか?

そもそもレーザーとは

本題に入る前に、基本的なところを確認しましょう。そもそもレーザーって何なんでしょうか?

「レーザー」という言葉は、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」(輻射の誘導放出による光の増幅)を縮めたものです。言い換えると、レーザーとは同じ方向にたくさんの光子が動いていく一筋の光なんです(通常の光はあらゆる方向に動いています)。強力レーザーは焦点に大量のエネルギーを注いで熱を生じ、極端な場合、ひどい火傷を負わせるほどになります。たとえば米国海軍は、ドローンを撃ち落とせるくらい強力なレーザーポインターusb接続砲を持っています。

【職場閲覧注意】レーザーポインターで人は死ぬ? いくつあれば? 2

レーザーの力、そしてその危険性は、出力する力の量(一般的にはmW単位)で決められています。米国では米国食品医薬品局(FDA)が、あらゆる製品は5mW以下であるべきと定めています。なのでたいていのチープなレーザーポインターLEDライト付だと、1mW以下しかありません。とはいえ「cheap laser pointer」でグーグル検索すれば、2ドル(約240円)以下で5mWのものを見つけることもできます。レーザーポインターは米国外製のものが多いので、FDAが義務付けている注意喚起ステッカーを貼っていない場合もよくあります。また通常のレーザーポインターには、危険な赤外線が出てこないようにする保護シールドがあるんですが、それすらないものもあります。

赤外線の危険性は、レーザーサイトから漏れるくらいのレベルではとても人の命を奪うほどではありません。ただ赤外線が危ないのは、それが見えないために瞬き反射が起こらず、網膜が焼け始めるまで気づかないからです。それでも視力が奪われるだけであって(それもひどいんですが)、死ぬほどではありません。殺人光線を作るには、5mWよりもっと強力なレーザーが必要なんです。

レーザー安全について

レーザーは、波長の違いにより可視光と不可視光に分別され、当社が扱うYAGやYVO4の基本波の波長のレーザー光は、目に見えない不可視光カラス撃退レーザーとなり(SHGは可視光)、危険の高いクラス4に入ります。

レーザー光は直進性、エネルギー密度が高く、クラスが高くなるほど危険性が増します。
身近にあるレーザーポインターでも、目に直接当てると、網膜の損傷や視力低下などの障害を起こす可能性があります。

超高出力レーザーポインター商品のクラス分けについて

レーザー商品は、その危険度に応じて、クラス分けされます。各クラスの概要は以下のとおりです。

3000mwグリーンレーザーポインター

クラス1 合理的に予測できる条件下で安全である。
クラス1M 使用者が光学器具を使用した場合に危険になることがあるという点を除いて、クラス1に同じ。
302.5nm~4000nmの波長範囲のグリーンレーザー
クラス2 低パワー。通常、まばたきなどの嫌悪反応によって目は保護され、安全である。400nm~700nmの波長範囲の低出力可視光レーザー
クラス2M 使用者が光学器具を使用した場合に危険になることがあるという点を除いて、クラス2に同じ。
400nm~700nmの波長範囲の可視光レーザー
クラス3R 直接ビーム内観察は危険になることがある。
パワー(エネルギー)が、クラス1、クラス2のAELの5倍以下
クラス3B 直接ビーム内観察は通常において危険である。
クラス4 高パワー(おおむね、0.5Wを超える)。拡散反射も危険になることがある。
危険な拡散反射を引き起こすことが可能であり、皮膚損傷や火災発生の危険がある。

工事用レーザーポインター製品使用時の安全予防策

装置側の安全予防策

(1)リモートインターロックの使用
(2)カギによる制御(キーコントロール)
(3)ビーム遮光器、または減衰器
(4)警告標識
(5)ビーム光路
(6)鏡面反射

工事登山用レーザーポインター

作業管理者側の安全予防策

(1)レーザー保護メガネによる目の保護 (波長に合ったものを使用)
(2)または遮光板(遮光フィルム)による遮光
(3)保護着衣(皮膚の露出の少ない作業服)の着用
(4)難燃性素材の使用

 

恐るべきレーザー気をつけえろ

かなり昔の話だが2008年にロシアのコンサート会場で30人超の観客が目にカラス撃退レーザー光線を浴びて傷を負った事件があった。数人は視力を80%失っていて、回復することはできないそうです。

このようにレーザーは使い方を間違えるととんでもないことになります。
レーザーザーが目を直撃すると失明の危険があるのです。特に危ないのがハイパワーのレーザー。また、赤外線レーザーというも危ない。趣味のレーザーで扱う機会の多い赤外線LDやYAGレーザーは、肉眼では見えないのでやっかいだ。そのためうっかり目に入っても気付かないことがある。実際過去の事故ではYAGレーザーが圧倒的に多いらしい。

光線が見えなくてもダメージは食らう。
ではレザーから身を守るのは何があるのだろうか。目を保護するために工事用レーザーポインターゴーグルという手がある。レーザーマーキング加工等の作業をする際にはかかせないだろう。

あとレーザーポインターもけっこう危ないのだ。
超高出力レーザーポインターは、主に半導体レーザーを利用している。時々講演やセミナーなどでの場でプロジェクターで表示した映像などの指摘したい場所を教えるために使われている。
様々な場で利用されている。例えば人が触れることのできない高い高温なもの危険なものでもピンポイントで指し示すことができるで教育現場で多用されるが使い方を間違えると
えらいことになるから要注意が必要なのである。

花火、レーザー、特殊効果と音楽が織り成す魅惑の花火ショー!

2017年の『勝毎花火大会』は「Hop!(ほっぷ)」をテーマに開催された。この言葉には、会場へ向かう足取り、打ち上げをまつ高揚感、花火演出による驚きや感動を観客全員で共有したい、そんな思いを込められているのだそうだ。

会場に到着すると、やや気温が低く、少し肌寒く感じた。しかし、防寒着を持ちながら会場に足を運ぶ観客も多く、徐々に人が集まり始めた。

会場には、花火を鑑賞できる場所として、無料の入場整理券席、有料観覧席であるファミリー席、カップル席、自由席が設けられている。

徐々に日が沈み、19時半から打ち上げスタート。

今年の勝毎花火大会の司会者である、FM-JAGAの栗谷昌宏さんと江畠秀美さんが会場内を盛り上げる。その後、次々に花火が打ちあがり、音楽・照明・花火が三位一体となった花火ショーに心を躍らせた。

花火大会は、6つのプログラムで構成されており、それぞれにテーマが設けられている。その一つひとつが主役級の演出で観客を飽きさせず、つねに楽しませてくれる。

中でも、4つ目のプログラム「ロゴスホーム 花火ファンタジアin十勝」に注目した。「ロゴスホーム 花火ファンタジアin十勝」は、花火、工事用レーザー光線、特殊効果をコンピュータ制御し、音楽と花火を完全にシンクロさせた、「デジタルリンク花火」と呼ばれるプログラムである。まさに、未来型花火ショーと言えるのではないか。

その美しさに見とれているうちに、あっという間に最後のプログラム「グランドフィナーレ 約束のソラ」の時間に突入。グランドフィナーレでは、Djレーザー勝毎花火の代名詞とも言える金色に輝く錦冠(にしきかむろ)花火が夜空を覆い尽くした。これでもか!という贅沢さで、黄金色の花火が連射で打ち上げられるさまは圧倒的だ。

錦冠花火は、花が開いてからすぐに消えずに、花弁が垂れ下がる様な姿を見せる、息の長い花火。まさに、「感動のソラ」といった風情で、十勝の広い空一面を輝せる。「感動」の一言である。

手軽にモーション・コントロール撮影ができるガジェット「SurfaceONE」

カメラの動きをスムーズに再現するモーション・コントロール撮影用の機材は、通常何千ドルもかかるほど高価で、使用するにも専門知識のあるオペレーターが必要です。でもEdelkroneが出したモーション・コントロール撮影用の機材「Surface ONE」はたったの690ドル(約7万6000円)で、設定もスマホアプリから数分でできちゃうんです。

手軽にモーション・コントロール撮影ができるガジェット「SurfaceONE」 1

モーション・コントロール・カメラはハリウッドでよく使われており、特に複雑な特殊効果シーンのために複数の撮影を要する時なんかに大活躍します。ただしSurfaceONEは、平らな表面を二次元的に移動することのみ可能で、カメラ自体をチルトさせたり回転させたりはできません。でも内蔵レーザーポインターのおかげで、カメラが弧を描くように動くときにも撮影対象が常にフレーム内に収まるように設定するのも簡単です。

プロ用のモーション・コントロール・カメラと違い、SurfaceONEは撮影所のレールにしっかり固定される必要もありません。そのため同じ動きを再現するときにも小さな揺れやズレがありますが、デジイチやミラーレスカメラ、スマホなんかでスムーズに対象物を追いかけたりパンしたり、ドリーショット的な撮影を可能にします。SurfaceONEの動きはアプリで設定調整が可能で、移動スピードだって変更できます。

そんなSurfaceONEが一段と便利に感じられるのは、タイムラプス撮影の際でしょう。タイムラプス撮影しながらカメラそのものも移動できるのはいいですよね。しかも最長60日間動かす設定をすることも可能です。さらにSurfaceONEの重要なポイントは、このデバイスが映画撮影を民主化するということ。ストーリーテラーが説得力を持った映画作品をつくることや、低予算でもハリウッドの映画撮影班により撮影されたかのような映像を作る助けになるデバイスなのです。